<   2007年 07月 ( 51 )   > この月の画像一覧

 

7月29日( 残り約23日)

f0137483_1013656.jpg

f0137483_1013671.jpg

f0137483_1013613.jpg

f0137483_1013677.jpg

f0137483_1013657.jpg

f0137483_1013678.jpg

f0137483_1013623.jpg

f0137483_1013668.jpg

f0137483_1013665.jpg

天気:晴れ
体調:万全

六時半に目覚めて、コンビニでおにぎり買って(日本百名山)鳥海山の登山口へ、五号目の山荘までバイクで行ける。7:29登山開始。登山口の掲示板を見たら、頂上往復16km、登山目安時間が約9時間と知って早足で登った。

高山植物の花畑や鳥海湖など景色が最高で、一人で登っているからすれ違う人に話しかけられ励まされ色々食べ物をお裾分けして頂きながら登る。道標が少なく道が分からないので人を見かけたら少し離れて後ろについて歩き、滑りながら千蛇谷雪渓を歩き、12:51岩だらけの頂上へ到着標高2236m。帰りは行者岳から尾根道を通って延々下り坂を膝ガクガクしながら帰った。登山口に戻れたのは16:47分。超手強い山だった。テントに戻りお風呂の支度をしたら寝てしまって起きたら九時だった、急いで温泉へ行き朝まで熟睡した。
[PR]

by zaq-eden | 2007-07-30 10:13  

7月28日( 残り約24日)

f0137483_9525848.jpg

f0137483_9525959.jpg

f0137483_9525917.jpg

天気:曇り時々雨
体調:良

23342.2
168km

8:11山形県小国町健康の森横根キャンプ場⇒15:14山形県遊佐町あぽん西浜温泉⇒16:40西浜キャンプ場

朝、小国のキャンプ場で管理人の方とお話し。今は天気がいいけど、雨になると教わり雨対策して荷積み。日本海沿岸を北上、景勝地と言われる笹川流れも曇りでいまいち。その辺で地図を見る為にブレーキかけながら道路端に寄ったらコケた。後ろの車に助けてもらってガソリン漏れてるから乾いてから走るように言われる。乾くのを待ちながら気持ちの緩んだ走り方を反省…。

山形の酒田で道に迷い人に案内してもらう。道を聞くたびに逆にお礼を言われるので何故かと考えたら、ヘルメットの正面に「頑張れ新潟!災害ボランティアバイクレスキューネットワーク」のシールを貼っていた。だからか!

目的地周辺に着いたので、温泉に入りに行ったら今日は温泉裏の海岸で花火大会があると入浴中におばさんから教えてもらう。あと10km走ったキャンプ場に泊まるつもりだったけど、この温泉の隣にもキャンプ場があると知り、ここに泊まる。

途中の道の駅で買ったスイカやラーメンを作って食べながら花火待ち。明日の予定の鳥海山への登山の準備をしてたら時間がきて海辺へ。花火開始後に雨が一時降って中止になりそうだったけど、少し経つとピタッと止んだ。音楽に合わせた花火で小規模だけど雰囲気あって良かった。
[PR]

by zaq-eden | 2007-07-30 09:52  

7月27日( 残り約25日)

f0137483_951179.jpg

f0137483_9511733.jpg

f0137483_951172.jpg

天気:晴れ
体調:少し寝不足

12:40新潟県柏崎(道の駅米山)発⇒19:00山形県小国町健康の森横根キャンプ場

二瓶さんと放送を見てから、予告した友達とメールやりとり、片付けやブログ更新してたら遅くなって12:40出発。お別れの時、二瓶さんが両手を降って走って見送ってくれ涙が溢れた。二瓶さんは私のことを娘みたいに可愛いがってくれて知恵や生き方を学ばせてくれた。

私は旅を通じて全国各地に頼りになる父親や母親がたくさん出来た。各地のお父さんもお母さんも皆、私との出逢いを財産だと言ってくれて、うちの(本当の)親と同じくらい旅の成功を祈り、こまめに連絡くれて支えてくれる。旅を語る時にこの方々は外せないし、旅で得た最上の宝だと思う。

特に何処にも立ち寄らずに夕方、山形県小国のキャンプ場に到着。広く綺麗なキャンプ場で立派なコテージが点在。さっそく受付しに行くと「実は今、熊が出てキャンプは受付てないんですよ!」って言われて、困った。「この辺りこちら以外にキャンプ場ないし今の時間から移動すると夜になってしまうので、私は駐車場でもどこでもいいのでテント張らせてください。お願いします!」って両手合わせたら、「ここが空いてるから使ってください」って部屋をキャンプ料金と同じ500円で泊まらせてくれた☆!敷布団やお風呂も利用させて下さったって、すごく助かりました!
[PR]

by zaq-eden | 2007-07-30 09:51  

思い出の数々

f0137483_9505560.jpg

f0137483_9505629.jpg

f0137483_9505649.jpg

f0137483_9505616.jpg

f0137483_9505654.jpg

f0137483_9505619.jpg

f0137483_9505666.jpg

新潟ではすごく色んな出会いがありました。私にとって忘れられない思い出と良い経験になりました!一人一人の出会いを一人一人紹介することは出来ないけど、色んな職業の方とお会いし貴重なお話しを聞くことが出来ました。本当に新潟、来て良かった☆

写真(1) 一週間泊まった道の駅「風の丘米山」のテントとシンボルの風力発電。この風力発電の風車の足元に展望台があってそこは疲れも忘れるいい雰囲気。

写真(2) 米山からの夕日(写真は7月22日のもの)。毎日毎日ここから見る夕日を楽しみにしていた。

写真(3) 癒し犬のラブちゃん。70種類の芸が出来るという天才犬!ご主人様が合図をすると片方の後ろ足で地面を蹴りスケボーを滑らせて上手に乗って見せてくれる。このラブちゃんと飼い主さんは避難所へ行き癒しのひとときを提供する。これも立派なボランティア!

写真(4) 赤い服の二瓶さんは一緒のバイク隊(真湯のキャンプ場で出会ったおじさんです)。真ん中の犬(ココちゃん)を抱いた女性は被災者の一人で一昨日まで水道が出なくて困っていたお母さん。次の日に様子を見に行ったら水が出るようになってて、皆で喜び合い記念撮影。二瓶さんも62歳とは思えない(腹筋連続50回を毎日してる)くらい若いけど、お母さんもとても70歳とは思えない若くて美人!

写真(5) 撮影中。インタビューが終わったとこ。NHKの皆さんにはこの取材で復興の為にボランティアへ踏み出す人を後押ししたいという情熱を感じられた。
写真(6) 放送。二瓶さんの持っていたナビ機能付きテレビで放送を見た。一時は取材を受けるか迷ってたけど、大した特技のない私でも立派に放送され、母からかっこよかったって連絡あった(嬉)

写真(7) 曙からTシャツにサインをもらっている所。K1かプライドかの格闘技家の人が柏崎の鯨波海水浴場に炊き出しを提供しに来ていた。曙、秋山、所、舟木、ボビーオロゴンの弟?、柴田、武蔵、魔裟斗。格闘技ファンだったら嬉しいんやろな~。
[PR]

by zaq-eden | 2007-07-28 09:50  

負けるな!新潟!!

f0137483_12342687.jpg

f0137483_12342650.jpg

f0137483_12342654.jpg

f0137483_12342661.jpg

20日から26日までの一週間バイク隊の一員として、柏崎市役所を待機場所に、依頼のあった物資を資材置き場から運び出し各避難所へ届けるボランティア活動をしました。この一週間は、本当に色んなことがあって毎日がめまぐるしく過ぎていきました。

柏崎に来て倒壊家屋を見て、沢山の避難所生活を余儀なくされている方々の姿を見たりと被害をまのあたりにしました。テントで寝ている間に震度3程度の地震を数回経験しましたが、市民の方は心配で夜も眠れなかったことだろうと思います。

山手の方に物資を届けた時はパンクするかと思うくらい道路は亀裂や凹凸、陥没とひどく荒れていました。バイク隊は何かあった時の為に基本は二人一組で輸送します、一度新潟レスキューバイクのベテランさんと組んだ時にはついて行くだけでやっとでした。階段くらいの段差をオフロードに乗ったベテランさんは軽快に走るんだけど、私はあたふたしながら必死に走りました。

バイク隊は、赤字で「災害ボランティア」と書いた黄色いゼッケンを来ているのでけっこう目立つ。なので色んな所で「ご苦労様、ありがとうございます」と市民の方から言葉を頂き、私も「負けないで頑張りましょう!」と元気を出して欲しい思いを込めて力強くそう返事するんですが、実は元気をもらっているのは私の方でした。感謝の気持ちや励ましの気持ちは会釈やうなずきだけで済まさずに言葉に表して相手に伝えること、そうすると会釈だけよりもっとお互いが喜びや頑張るエネルギーの源になる。言葉が持つパワーというものを今回のことで知ることが出来ました。

お年よりの方はほんの少し会話するだけでもみるみる豊かな表情を取り戻します。耳が遠かったり、いまいち話が聞き取れない人もいますが、そういう方こそ会話や触れ合いを求めていて大きな声で「頑張ろ~ね!」って言うだけでいい笑顔を見せてくれます。

私も阪神大震災を経験して、今では神戸も賑わいを取り戻している、だから希望をもって前向きに頑張って欲しい。バイクで物資の輸送中にすれ違った車や歩行者が私のナンバープレートの「神戸」の文字を見て少しでも励まされたら嬉しいと思い毎日走っていました。

道路の段差が日々増しているように思います、沢山の車や大型の作業車が通るたびにおきる振動や、亀裂の割れ目から雨水が入りコンクリートの下の固めた土が流れている為に段差がひどくなっているそうです。
歩道も荒れていて、凹凸やブロックがガタガタだったり斜めになってたりして、そこを腰の曲がったお婆さんが不安定に歩いていたり、そこを避けて道路に出てきている人や自転車もいます。少しでも早く復旧してほしいと願います。

今日、鯨波の海岸沿いで車の中で練炭を使って自ら命を命を断った人が発見されたそうです。今回の災害をたくましく笑い飛ばす人もいれば、こういう悲しい……。災害にあった方、絶対に絶対に負けないで!!!
[PR]

by zaq-eden | 2007-07-27 12:34  

無事放送されました

f0137483_8254693.jpg

7時54分くらいから4分間程放送されました。これからテントを撤収し出発します。
[PR]

by zaq-eden | 2007-07-27 08:25  

放送時間の変更

五時半に電話があって、朝のニュース速報等の関係で、7時40分~8時13分の間に4分間の放送になると時間の変更の連絡がありました。
[PR]

by zaq-eden | 2007-07-27 05:50  

放送時間

先ほど、明日27日の7時~7時25分の間に3分半程度の全国放送と連絡ありました。私は新潟でその放送を見てから、また北海道へ向けて旅に出ます。
[PR]

by zaq-eden | 2007-07-26 20:42  

今日が最後のボランティア活動

NHKから一日中密着取材をうけました。放送日は明日(27日)のNHK朝のニュース「おはよう日本」で6時~8時の間に数分間放送される予定。詳しい放送時間がわかればまた更新します。どういう内容で放送されるか私も分かりません…。
[PR]

by zaq-eden | 2007-07-26 15:03  

18日~20 日頑張れ!新潟!!

f0137483_811622.jpg

f0137483_811698.jpg

f0137483_811683.jpg

f0137483_81162.jpg

f0137483_811682.jpg

18日19:30北海道苫小牧から新日本海フェリー乗船(11500円)。富良野から苫小牧まで走る途中でメーターが22222.2kmに!

19日15:30新潟市フェリー到着。
何処へ行けば情報がもらえるか分からないので、まず柏崎市役所に向かって走る。柏崎に近付くにつれ道が荒れて、途中通行止めで迂回し、道を聞きながら市役所到着。

そこでボランティア受付窓口である柏崎市総合福祉センターを紹介され向かう19:15到着。
ボランティア申し込み受付が今日は既に終了し、明日9:00から受付ということで開始を待ってその福祉センター裏にテントを張り一夜を過ごす。

20日朝になりボランティア申し込み、私はバイク隊に入った。各避難所へ物資を運ぶ、バイクなら小回りがきくので車じゃ通れない所でも難なく走り抜けていち早く物資を届けられる。

旅の荷物を積む為に後ろのシートに取り付けた75リットルのバックが大活躍!オムツやトイレットペーパー、水などかさばる物からゴミ袋や歯ブラシ、トイレ消臭スプレーなど何でも沢山積めた。旅をしてたら大荷物だねと言われるけど、ここでこんな役立ち方をするとは…(笑)

夕方、天気予報で雨が続くと知り屋根のある道の駅「風の丘 米山」にテントを移動。当分の間ここに泊まる。
[PR]

by zaq-eden | 2007-07-23 08:11