<   2007年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

 

5月29日(旅56日目)屋久島

f0137483_10273841.jpg

f0137483_1952768.jpg

天気:大雨のち小雨
今日は出れそうにないから、宿でゆっくり。三時すぎまで、今日帰る人を見送ったりした。小雨になったので、温泉に行くことにした。

f0137483_1255133.jpg

屋久島南部の湯泊温泉。海岸にある露天岩風呂。男女別で仕切りはあるけど上からも下からも横からも道路からも見られます(笑)水着バスタオルも不可なので、躊躇してたらお婆さんが堂々と入ってたので私も入った。ぬるめ

f0137483_1256795.jpg

湯船につかってたら何やら動くものが…。大きなイモムシ!びっくりして目が飛び出るかと思ったどんだけ食べたらこんなに大きく成長するん!?左下は私の人指し指。10センチはある。大きすぎて逆に可愛い。木に逃がした

f0137483_12565148.jpg

20メートルくらい離れたとこにも小浴槽がある。こっちは混浴なのでバスタオルも水着もOK!バスタオル巻いて入る。太平洋を眺めながら一時間くらい入った。雨が嘘みたいな日差し、顔だけでも日焼け止め塗ってたら良かった

f0137483_12574031.jpg

夕飯。昨日の夜は宿のお姉さんをマッサージをしてあげた。肩を揉んだり足を踏んだり、凝ってたし足もパンパンだったから二時間くらいした。楽になったからそのお礼にってご馳走してくれた

f0137483_12584170.jpg

今日来た常連の美代子さん。体が柔らかい。皆で真似しようとしたけど無理。
姉さんが見守るなか体重計に乗ったら6キロ増えていた。緊急事態!姉さんに明日から心を鬼にして私に食べ物はくれないでってお願いした

f0137483_12593115.jpg

トコさんは明日帰ってしまうので、フルートを聴きたいと言ったら、演奏会をしてくれた♪皆聴きいってうっとりしてた。
[PR]

by zaq-eden | 2007-05-31 19:52  

5月28日(旅55日目)屋久島

f0137483_10253193.jpg

f0137483_163743.jpg

天気:雨。雨降りで登山も海も無理なので滝めぐりに行くことにカッパを来て出かけた。まずはトローキの滝を目指す。宿からバイクで20分。バイクを停めて表示に従って歩く。赤いカニが落ち葉の上で何か食べてた。

f0137483_1248423.jpg

降りた崖。滝から歩いて来たオジさんに、「この先危険!進入近所」の看板の方へ行ったら海も滝も良く見えると聞き、ブーツを履いていたので少し不安だったけど行ってみた。たしかに危険、崖を降りる。雨で滑る


f0137483_12484782.jpg

トローキの滝。赤い橋と背景の山もいいけど、なんといっても透き通った海に落ちる滝は見応えあり。川の水が海へと落ちる滝は、日本では珍しいんだって。雨に負けずに30分は滝見てた、濡れて携帯のスピーカーが不調なった

f0137483_12493930.jpg

次の滝へ向かう途中、モッチョム岳が見えた。岩肌が見えてる、険しい山なのかな~、登ってみたくなって売店のおばさんに聞いたら登山時間は六時間半くらいって。じゃあ私だったら八時間はかかるな~…。行きたいな~

f0137483_12502572.jpg

千尋の滝。壮大な景観!V字型の峡谷に、66メートルの高さから清流が落下する。左側は巨大な花崗岩の一枚岩、約400m×200m。凄すぎ!思わず言葉を失う。晴れた日に見たらもっとすごいのかな~

f0137483_12512152.jpg

島の南西部、大川(おおこ)の滝。屋久島最大の滝。落差88メートル。断崖からしぶきをあげて落下する。ダイナミック!!写真左下に人がいる、滝の大きさ分かる?大迫力、感動でした☆

f0137483_12515568.jpg

滝の近く道路沿いの湧き水。屋久島の湧水は硬度10ppm以外の超軟水。宿を出て何も飲んでなかったからガブカブ飲む。降り落ちた雨が屋久島の美しい大地に浄化されて不純物のない美味しい水になる、これも大自然の恵み☆

f0137483_12523693.jpg

落石!?今日は島を一周予定この先の島の西側は林道だからこわいな~。林道を走ると猿や鹿がびっくりするくらいいる。ゆっくり走らないとぶつかりそう。道路に落ちた木の実を食べに集まってる。サファリパークみたい

f0137483_12532615.jpg

ぽっかりと空いた穴から青空が覗いてた。曇の上は晴れてるのか~。気分がいっきに明るくなった。

f0137483_1254885.jpg

吸い込まれそうな空。今日も曇があるから夕日は見れないな~
[PR]

by zaq-eden | 2007-05-30 16:03  

5月27日(旅54日目)屋久島

f0137483_10141185.jpg

f0137483_853163.jpg

今日は一人で太忠岳へ。登山口にいた木の実や種をポリポリいい音をたてて食べていた鹿に見送られて出発。9時。昨日の筋肉痛も特にないし、体調も万全!頑張って行ってきま~す!

f0137483_12302577.jpg

歩くこと15分。強敵が現れた!見えない糸にぶら下がりウネウネ動く毛虫。地面や葉にいる毛虫は、嫌だけど避ければ良いだけ、でも、このぶら下がりタイプ毛虫は、もしかして顔にペタンとあたると考えたら、鳥肌。この先にもブラブラ毛虫がいるんやろなぁ、顔になんか巻こうかな。
子供の頃、家族で山登りして、あまりにも毛虫が嫌いな私は毛虫が出てからそれ以降の目的地までビニール袋かぶって登山したことあったの思い出した。
太忠岩を見たいので毛虫くらいで負けられない。

f0137483_1237728.jpg

どんどん自然の中に入っていく、木にくくりつけてあるピンク色の道しるべのテープ以外は人の手が加えられてない登山道、人の気配全くなけど全然怖くない。猛々しい景色を苔や緑葉が覆って優しい景色に変えてるからかな

f0137483_12375488.jpg

出た!また出た!!白髪の毛虫!やめて欲しい。やっぱりいっぱいいるんだ…。おとなしく木にくっついていてくれたらいいのに、なんでぶら下がるわけ?もし気づかなかったら、顔に直撃やった!

f0137483_1239166.jpg

蟻。葉の根本にいる。山の蟻って大きいよね。1センチくらいある。蟻から見た世界ってどんなんかな~?

f0137483_124015.jpg

これは登山道。写真中央に向かって歩く。「えぇ~!?ここを行くの?」って独りごと言いながら進む。後半の2キロはずっと独り言しゃべってた。だって意外な道ばっかり。…アドベンチャー☆

f0137483_12411539.jpg

これも登山道。岩をくぐる。こっちであってるのか、たまに不安になるけど、他に道はない。大きな岩がドーンといきなり目の前に現れると、なんか緊張もするけどワクワクしてしまう。面白~い!!

f0137483_1242616.jpg

こちらも登山道。根ッこだらけ。この山はとにかく根の上を歩いた。地面歩くより楽しいけど、歩きづらい。それだけ自然が豊かなのかな。写真上に見えるピンクのリボンは道しるべ。このリボンがあれば道に迷っていない証拠。

f0137483_12425240.jpg

太忠岳頂上!やっとやっと到着、きつかった~。急な登りばっかりだった。結局誰一人とも会わなかった!晴れた日にこぉ~んな景色を見に来ないなんて、皆さんなにやってるのって感じ!縄文杉の方の山に登ってるのかな

f0137483_12433997.jpg

これが太忠岩!太忠岳頂上にそびえるこの巨大な岩、これを絶対に見たくてここまで来たのだ☆なんでこんな形をした岩がドーンと立ってるのか不思議。達成感に浸ってたら、やっと人が来た。よく見ると右下に人が写ってるよ。比べると大きさが分かるでしょ?
<参考写真>
f0137483_12134499.jpg


f0137483_12453195.jpg

この山は、「山CLUB☆」(尼の同級生だけで成り立つ山登りクラブ)メンバーと一緒にもう一度来ると山に誓い下山した。帰りは少しふらふらになりながら登山口まで戻った。登山時間六時間半。

f0137483_12461682.jpg

車道にいたお猿。至近距離まで近付くと威嚇されるので、遠くで観察。なかなかいい仕草と表情する、笑いながら見てた。お猿から元気をもらって帰った。
[PR]

by zaq-eden | 2007-05-29 08:53  

5月26日(旅53日目)屋久島

f0137483_10121791.jpg

f0137483_8374011.jpg

天気:晴れ
今日は波照間で出会った、ともさんと、ともさんのお母さんと同じ宿の二人と私の五人で白谷雲水峡へ行く。コンビニ前にいた癒し猫に見送られて出発~☆本当は気合の足りない顔の猫、写真の時だけキリッと顔を作った

f0137483_12233023.jpg

四人乗りの軽自動車に五人乗ったから、登山口までの山道の登り坂は目一杯アクセルを踏んでもなかなか前に進まなかった。元気良く登山開始~☆写真は奉行杉。

f0137483_122320100.jpg

ともさんが切株の中に入った。同じ宿の黒さんがアヒルの隊長を連れて旅してる(風景写真を撮るときにアヒルの隊長を被写体にする)。そのアヒルを頭に乗せているところ。

f0137483_12242484.jpg

三本足杉。名前の通り根が三本に別れている。こうやって杉の下をくぐれる杉は多く見ます。
さて問題です!何故こんな風に根と地面の間に隙間ができたのでしょうか?

f0137483_12251096.jpg

答え:倒木の上に種が落ちて成長し、倒木が腐ってなくなったから。いつくもの木の下を歩き頂上を目指す。

f0137483_12255759.jpg

楽しく頂上を目指す、屋久島は雨が多いからそこらじゅう苔が生えてます。

f0137483_12263497.jpg

お昼、宿のお姉さんに作って頂いた愛情おにぎりを食べる。山で食べると最高に美味しい!ここからは、アップダウンが激しくなり整備されてない道に突入。

f0137483_12271634.jpg

もののけ姫の森。ここは、もののけ姫の舞台になった場所。これくらいの風景なら登山道から少し外れて歩いたらもっと凄い場所いくらでもあるように思ったけど…。でも、今日は一人じゃないから、皆に合わせる。

f0137483_1228783.jpg

太鼓岩の上。登山開始から四時間、目的地到着!!けっこう楽して絶景が見れちゃった。太鼓岩は岩を叩くと音がする、場所によって音が違うから太鼓岩って呼ばれてる。
下山時間合わせると合計6時間30分かかった。

f0137483_1229060.jpg

宿に戻るとトコさんがフルートを吹いていた♪上手いはず、トコさんは本物のプロでした!!持ってるフルートのひとつ、金のフルートは五百万円するらしい。これだけは誰にも負けないと言える特技があるっていいね。私はあったかなー…
[PR]

by zaq-eden | 2007-05-27 08:37  

5月25日(旅52日目)屋久島

f0137483_1081232.jpg

f0137483_22111829.jpg

天気:曇のち雨
朝食に珈琲とパンを食べて、雨が降る前にと急いで支度。
明星岳展望台へ。とっても静か、心地よい柔らかな風と遠くで鳥の声が山間に響く。パラパラ小雨が降ってきたけど、自然休養林ヤクスギランドへ向かう

f0137483_12125139.jpg

伐採された屋久杉の株の上に落ちた種が育ち成長している。江戸時代に伐採された屋久杉は主に平木(屋根の材料)用であったため、割れ易い木を選び加工しやすい部分のみ利用。使われなかった枝条や幹や根株は放置された

f0137483_12124382.jpg

土埋木。江戸時代に伐採され使われなかった屋久杉が今も残ってる。屋久杉は樹脂を非常に多く含んでいるため、200~300年経った現在でも腐ることなく残っている。これらの残材を屋久杉工芸品として貴重に扱っている。

f0137483_12134162.jpg

千年杉。雨降りでカッパ着てる。このカッパ、通湿性の良いゴアテックス素材を使ってて、けっこうな割引率で買っても1万5千円した…のに!!バイクにまたがるとブーツの上まで裾があがり靴下がビチャビチャになります。スボン短過ぎ!涙

f0137483_12143853.jpg

ヤクスギランド内の荒川橋から見た川。水の流れる音って好きだな~、都会にいたら耳を澄まして聴こうと思うような音はないけど、自然の中だと耳を澄ましてると楽しさが増す。もっともっと耳が良ければもっともっと楽しい
f0137483_12202889.jpg

シダ植物の笑顔

f0137483_12211861.jpg

沢津橋から見た川。荒川橋から見た川と同じ川だけど、また全然違う雰囲気。

f0137483_1217124.jpg

仏陀杉。周囲8m、樹高21.5m、推定樹齢1800年。力強く存在感ある、なんか近寄り難い神々しい雰囲気。

f0137483_12184196.jpg

どうも眉間にシワを寄せてしまう木。一般的な木と並べて撮ってみた。なんでこんなにテカテカなん?色も変だよ!たまに見かけるから病気の木ではないみたいだけど、非常に目立つ。
[PR]

by zaq-eden | 2007-05-26 22:11  

5月24日(旅51日目)鹿児島→屋久島

f0137483_1034542.jpg

f0137483_8543043.jpg

鹿児島8:30→屋久島12:10。フェリー代6950円。旅客チケットとバイクや車のチケット売り場が別でわかりにくかった。まだ新しいのかな、設備は最低限だけど沖縄で乗ってきたフェリーとかと違って小綺麗だった。

f0137483_11584868.jpg

山に真っ白い雲がかかってた。
島の東西南北で天気が違うのに驚いた。港のある北は青空晴れ、島一周道路を東へ向かうにつれて、曇から雨。南は大雨だった。南まで行ったけど、雨を避けて北に一時避難した。

f0137483_1265470.jpg

分厚~い雲が空に。遠くの方は晴れているみたい。海の上にうっすら見えるのは種子島~☆

f0137483_1273863.jpg

今日と明日は雨の予報と聞き、島の東にある「ライダーハウスとまり木」に宿泊を決める。3段ベッドだ!一泊2000円

f0137483_1282173.jpg

お風呂に入る。家庭用のお風呂なので宿泊者は順番に入る、ホワイトボードに名前を書いて、入ったら次の名前の人に知らせる。お風呂の壁に描かれてる絵は、昔ここに泊まった人が何人かで描いたらしい。

f0137483_129421.jpg

スーパーに買い物に行ったら、キビナゴを見つけたので焼き魚にしようと思ったら、生食用と書いてあったので、頑張って一匹ずつ捌いてたら、包丁じゃなくて手で全部捌けるんだよって教わった。あと、ミミガーと焼肉した

f0137483_1295745.jpg

お風呂の入浴剤に使われている温泉の元「610ハップ」。スッゴく温まる!これいい!イオウ成分が入ってて医薬品なので薬局に売ってると聞いた。オススメ◎私も使いたい。ただ浴槽によっては変色するので注意。
[PR]

by zaq-eden | 2007-05-26 08:54  

5月23日(旅50日目)熊本→鹿児島

f0137483_1142305.jpg

f0137483_15201188.jpg

阿蘇ライダーハウスに泊まってる皆にさよなら挨拶し、阿蘇から鹿児島に向けて走行。219号線の球磨川沿いに絵描きしてる人発見!集中しているようなので邪魔しないようにそっと見学。

f0137483_11354081.jpg

やっと、えびの市まで来た。朝から走りっばなしで少し膝が痛い。ずっと膝曲げてるからかな。たまに足をステップから退けて足をブラブラ伸ばしながら走る。グラつくけど膝がラク。無人販売で苺購入。100円☆

f0137483_11362767.jpg

えびの高原の韓国岳。去年に登った思い出の山。ここのキャンプ場に泊まって、もう一度ゆっくり登りたいけど、先に屋久島に行ってしまわないと屋久島が梅雨入りしてしまう。明日は屋久島行きフェリーに乗ろう。

f0137483_1137335.jpg

先日ブログで紹介した、めちゃウマ栗アイスと再会☆!えびの高原レストセンターで見つけた。体重増加も気になるけど、食べちゃう☆今度いつ食べれるか分からないし~。先日コメントでアイス情報くれた方ありがとう!

f0137483_11381970.jpg

思ってたより、早く鹿児島まで来たので、寄り道することに。霧島の神話の里公園でうっすら見える桜島を見ながら苺食べた。味、展望共に◎
遠く薄く見えた桜島は携帯カメラには映らなかった。本当は右上辺りにある

f0137483_1139859.jpg

天然泥湯さくらさくら温泉へ。500円。体中に泥を塗って泥パック。肌がすべすべになった!そのへんのエステよりいい感じ☆露天風呂で暖まってホカホカしながら、先日野宿した喜入に向け走り、無事に着いてテント泊。
[PR]

by zaq-eden | 2007-05-24 15:20  

5月22日(旅49日目)熊本

f0137483_1128169.jpg


f0137483_1523098.jpg

阿蘇ライダーハウスの方に教えて頂いた、小国町にある滝を目指す。民家の中を通る。
「美人と子供が出ます徐行」だって(笑)

f0137483_1115768.jpg

目的地到着。バイク降りて滝まで歩く。滝まで3分と近い。気付けば服についた毛虫と仲良く歩いてた(T_T)

f0137483_112397.jpg

木々の間から差し込む光がなんだか幻想的。滝からの水が霧のように舞い光を受けてキラキラと輝いていた。

f0137483_1132188.jpg

鍋ヶ滝の正面から。実はこの滝秘密があります、美しいだけじゃなくって… →

f0137483_114353.jpg

→滝の裏側に回れるのだ!!
早朝だったので誰も居なくて独り占め!!!中は広く薄暗くてちょっと不気味な感じ、ドキドキしながら入った。初めて見た滝の裏~
感動ー♪☆
f0137483_114478.jpg

九州で一番美味しいとライダーの間で人気の蒸鶏定食を食べた。1050円。鶏が柔らかく口に入れると溶ける、特製タレもGOOD!山菜の天ぷらもサクサク!露天風呂温泉が200円で入れるそうです。http://page.freett.com/shirachi/

f0137483_116830.jpg

タンポポの綿毛で遊んだ。久々に手に取ってみた綿毛。都会にいても、ちょくちょく見かけるけど、そこにタンポポがある喜びを感じる心とか、手に取るゆとりもなかったな。綿毛を全部飛ばしたらちょっと寂しい姿になる

f0137483_117680.jpg

木々の中を快走。ヘルメット脱いで、深呼吸しながら走りたい気分。もちろん不可能だから、我慢してヘルメットの前を開けて走る。…たまに虫が顔にあたるので、時々不快↓ 

f0137483_1181322.jpg

城山展望所、阿蘇市の畑を見渡す。

f0137483_111009.jpg

道の駅波野でオススメのそばソフトを食べた。200円。蕎麦の芳ばしい香り、美味しい。

f0137483_11104744.jpg

荻岳の駐車場で山菜を手にしたオバさま3人に目が合いお互い会釈後、神戸ナンバーというのを見て遠くから来た私に、三人ともカバンをゴソゴソし始めて、食べ物をくれようとする。
「もらえないです!」と何度か言ったけど「これも何かのご縁よ~食べて!!」とアンパンと巻き寿司を下さった。尼崎のオバちゃんみたいに人なつっこくて、オカン!って感じの人たちだった。
私、ご飯も食べて無いように見えたのかな!? と思いつつ、ありがたく頂いた。

f0137483_11211083.jpg

萩岳。ここは夕方行ったらいいよ~、朝から行くと一日中眺めて身動きとれなくなるから~、って言われた絶景スポット。おとぎの国みたいな景色が見れる。ウグイスや鳥達のさえずりが聴こえる。確かにず~とここに居たくなる

f0137483_1122017.jpg

温泉へ。ここも無人で100円。昨日の温泉も不便で面白い体験が出来たけど、ここも凄い!この扉を開けたら真っ直ぐ脱衣場から浴室まで外から丸見え!仕切りなし、隠しカーテンなし、おばあさんが扉開けっぱなし!衝撃
[PR]

by zaq-eden | 2007-05-24 15:02  

5月21日(旅48日目)熊本

f0137483_11342152.jpg

f0137483_2147425.jpg

天気:晴のち雲
起きて阿蘇山へツーリング。阿蘇山とは周囲120kmの外輪山に囲まれた世界最大級の複式火山中岳・高岳・根子岳・杵島岳・鳥帽子岳の総称らしい。周囲120kmの外輪山、屋久島とほぼ同じくらいの大きさ。

f0137483_1051860.jpg

阿蘇山頂を目指す、牛や馬が放牧されている。とにかく眩しいほどの緑!緑!山!広く走りやすい道路で周りの車はスピード出し気味だけど、ここはゆっくり景色見ながら走らないともったいないよね。

f0137483_1051534.jpg

阿蘇山中岳の頂上へ。火口展望台へ100円払って入場。駐車場にバイクを停めて火口を覗こうと歩くが入り口で足止め。有毒ガス噴出中で立ち入り規制がかかり入れない…残念…仕方なく火口付近で休憩した。

f0137483_10523287.jpg

風向きでガスがこっちにまで変な臭い、咳き込む人や口をハンカチで覆う人もいる。私は気にせずパンをかじっていたら、ジロジロ見られた。お土産屋のおばちゃんと話しているうちに規制が解除された。ラッキー☆火口写真

f0137483_10531789.jpg

<デジカメ写真追加>
f0137483_1684637.jpg

火口から煙あがるの見れて大満足で、ツーリング再開。阿蘇山下る。ピンク色が目にとまり近づくとツツジが咲いていた!バイク降りて散策する。

f0137483_1054717.jpg

<デジカメ写真追加>
f0137483_169363.jpg

とにかく緑!綺麗な緑!阿蘇山のまわりはずっとこんな緑見ながら走れる☆素敵☆阿蘇に連泊する!迷わず決定!

f0137483_1055094.jpg

<デジカメ写真追加>
f0137483_1693768.jpg

ここの牛は幸せそうだな~。餌が豊富だから草あげても食べてくれない。沖縄の小さな囲いの中にいた牛達をここに引越しさせてあげたいよ

f0137483_10562986.jpg

しばらく牛を眺めて、次の感動に出会いに行こうとバイクにまたがった。ヘルメットを被ろうとしたら、そこにも素敵な世界があった。また感動した。

f0137483_10571384.jpg

仙酔峡へ。ミヤマキリシマが見頃だと西表の山さんから電話があった。早速行ってみたら、もう満開!山全体がピンク色に!濃いのや薄いの、色んなピンクがあったよ

f0137483_10575493.jpg

通りかかった阿蘇神社。神社前で湧き出る神水をゴクゴク飲んだ。あ~ペットボトルあったら入れたのに。泊まってる阿蘇ライダーハウスも水道からエビアンが出ると宿の人が言っていた。阿蘇の水はとっても美味しい。

f0137483_10584640.jpg

昨日と違う銭湯へ行ってみる。料金は100円と激安。無人なので箱にお金を入れる。宿の近くには沢山温泉あるけど、ここは古くて味があって一部の旅人に人気があるらしい。

f0137483_1059385.jpg

すごい!通好みなだけあってシンプル!…ってシンプル過ぎ?洗う為の水道の蛇口ない。浴槽のみ。源泉が浴槽に流れ出る、その湯を洗面器ですくい頭や体を洗う。だから他の人が使っていたら順番待ち。貴重な体験した
[PR]

by zaq-eden | 2007-05-23 21:47  

5月20日(旅47日目)鹿児島→熊本

f0137483_10361956.jpg


f0137483_027469.jpg

朝、霧の中、とても寒くてカッパを羽織った。そしてホットコーヒーであたたまろうとローソン川内大小路店で朝食とコーヒーを買って休憩してたら、「神戸から来たの?」って声をかけられ同時に突然ホットレモンを手渡された。その人は返事も聞かず「頑張れ」って言って車に乗って手を振り去って行った。
ほんとにガタガタくるくらい寒かったけど、心はHOTになりました。ありがとうございます(>_<)

===方向音痴発生===
屋久島フェリー乗り場へ行く予定で走っていたら、道をだいぶ間違えて来てしまった。
ショック。寒かったし、霧で標識確認せずにガンガン走りすぎた。
戻るのもなんなんで、今日は引き返さずこのまま気まま旅します。

f0137483_948082.jpg

薩摩街道を潮風に吹かれながら走り、黒之瀬戸大橋を渡って長島へ。

f0137483_948865.jpg

長島からフェリーに乗る。(鹿児島)蔵之元港9:20→9:50(熊本)牛深港。1330円。山の中を北上し海沿いの教会を目指す。

f0137483_94999.jpg

崎津天主堂。弾圧をへて、信仰を守ったキリシタン信者のより所として1883年(明治16)に最初の教会がたった。現在の教会は、ハルプ司祭が1934年(昭和9)にゴシック建築様式で改築した。と、書いてあった。

f0137483_951053.jpg

そこから5キロほど走った所に建つ大江天主堂。ロマネスク様式の教会。両方とも建物の中に入ったけど、神父さんの姿はなかった。天井が高くステンドグラスから差し込む光が中を照らす。神社や寺と違って祈り方分からず、見学だけ

f0137483_9513671.jpg

教会前で無人販売していたビワを食べた。200円。小高い丘の上にある教会な為、景色良好でした。

f0137483_9521561.jpg

天草西海岸を走る。写真は妙見浦。ダイビングしてる人達の姿が見えた。沖縄ほどではないけど透明度高く海色綺麗。

f0137483_953286.jpg

島原湾を眺めながら走り。天草パールラインへ。両サイドに島々を見つつ四つの橋を渡る。

f0137483_9535220.jpg

さらに北上し宇土半島へ。干潮時に現れる砂干潟。砂が描く曲線がずっと奥まで広がる。道路脇にバイクを停めて自然の芸術をしばらくの間見てた。
もう少し高い場所から全体を見たかったな~。

f0137483_9544797.jpg

熊本市を通過し、阿蘇へ。時間&体力的にキャンプ場探しを諦めて阿蘇ライダーズハウスに決める。一泊900円(布団代300円)。阿蘇内牧温泉の一つ、入船温泉に入浴400円。今日は長距離走ったので、ゆっくり暖まった。

f0137483_9554431.jpg

夜は宿泊者9人で食卓を囲み楽しく鉄板焼き。ハンバーグやイカやキノコやウドンや目玉焼きなど、それぞれ趣向こらした味付けで食べさせてくれた。大量で3時間くらいかけて食べたのに、割り勘費一人300円。美味で安い☆
[PR]

by zaq-eden | 2007-05-22 00:27