<   2007年 04月 ( 25 )   > この月の画像一覧

 

4月18 日(旅15 日目)石垣島

朝はその親切な愛媛から二週間滞在されていたご家族と過ごし、強風が弱くなるのを待った。

温水シャワーのあるキャンプ場に行き温まり、眠かったけど、市内で強化用のペグと浸水防止用にブルーシートを購入した。夕食のお好み焼きの材料と欲しかったシュノーケルも買った。

キャンプ場に戻ったら、次の日の早朝のフェリーで那覇へ行くお隣の方と会ったので、お好み焼きを作るのでと誘って一緒に食べた。
f0137483_2291099.jpg

イカを切り、キャベツを生地に混ぜて、豚薄切り肉をのせてフライパンで焼いた。ゴゲたのでフライパンを借りて再度焼いた。百均で買ったソースとマヨネーズをかけて出来上がり。キャベツが少なかったけど、意外と美味しかった
[PR]

by zaq-eden | 2007-04-19 08:15  

4月17日(旅14日目)宮古島→石垣島

f0137483_12412956.jpg

f0137483_21164491.jpg

宮古島6:00発のフェリーに乗る。石垣島10:15着。強風の中キャンプ場へ向かう。

f0137483_1405373.jpg

島の北側の米原キャンプ場に到着。一泊400円。テント張るだけなのに睡眠不足で辛かった。夕食の買い出し、近くにスーパーなし。お婆さんがやってる古い店で買う、買った品が賞味期限が過ぎていたが気の毒なので言わなかった。

アイスを食べながら海を眺めてたら、そのまま寝てしまいそうになったので、テントに帰って少し昼寝。今日のお隣さんは那覇→宮古、宮古→石垣と一緒の船だった方で、何度か見かけたけど今日初めてお話した。彼も日本一周されている。今日までのこと、これからのこと、日本一周が終わってからのこと色々海を見ながら話した。お互い自炊なので日暮れ時に解散。今日は焼きそばと味噌汁、パパイヤとグレープフルーツ。

明日は雨らしい。

===自然の猛威===

深夜、強風によりテントのペグが抜け傾いたので起きた。
何!?何!?なに??!!あせりつつ、すぐさま重い荷物を風側に置いた。
その強風に続いて雨と雷が始まった。
強烈、嵐!!ピカピカ稲妻がテントごしに見える。ギャー!嘘やろー!突然の出来事に理解不能。
一体何が起きたの?!!自然の驚異!
すんごい豪雨となり、ゴー!ザワザワ~!という音とともに山からの突風が吹き降ろされてこちらへ向かってくる。ブワーと暴風と雨に襲われて、折れそうなテントの骨組みをテントの中で押さえ続けた。
信じられない嵐でテントが風で潰れそうでテントを内側から押し返しつつ、どうすれば良いか考えるけど、
風&大雨&暗闇で外に出ることも出来ない。嵐がおさまるまで耐えるだけ。
ひたすらテントを内側から支えながら、南無阿弥陀仏を唱えた。南無妙法蓮華経も唱えた。
ああ、もう無理もう無理って何回も思ったし、「もう無理~」って言いながら必死で背中で押え続けた。

それは明け方まで続き、明るくなりかけた頃、最後突風でテントのフライシートが外れたと同時にすぐに水没した。テントの中の水をジャブジャブとすくい出しながらも、テントが水没するなんてその状況が信じられなかった。このまま一体どうなるのかと思った。少ししたら嵐が収まってきたので、テントの外に出て見たら、テント固定のペグは全て抜けていた。バイクも倒れていた。オイルが漏れていた。

管理塔に子供と避難してるからおいでと家族連れの方が、誘って下さり、バイクを起こしてから管理棟へ。
狭くて虫もいたけど、体を乾かさせてもらったり、たくさん親切にしていただいた。
[PR]

by zaq-eden | 2007-04-17 21:16  

4月16日( 旅13日目 )宮古島

f0137483_12365973.jpg

夜暑くてテントの枕元の窓を空けて寝てたら、近くで気配を感じて、背筋が凍った。誰か来たって思った。

全身がその気配の方向へ集中する。
草がサワサワと何か動く音、そして一瞬の静けさの後、頭の上でフガーフガー…って聞こえた、見上げたら「ニャー」っと猫がテントの窓からこちらを覗いてた。 もう怖いって!ビックリさせんといて!
でもホッとしたら笑えてきた。思わぬお客さんに深夜寝ぼけながらも和んだ。

天気:晴れ
今日こそは泳ごうと水着を持ってお出かけ。宮古島にはビーチが沢山あるので、迷う。
といってもまだ現在8:00なので、とりあえず観光。
島の東の東の平安名崎に向かい150円払って展望台に上る。
<デジカメ写真追加>
f0137483_1343490.jpg

f0137483_1429341.jpg

f0137483_1431334.jpg

f0137483_14314264.jpg

f0137483_14315131.jpg


見晴らし良過ぎて体調不良も吹き飛んだ。売店のおじさんに眺めの良い場所を教えてもらい行ってみることに。

f0137483_1194047.jpg

<デジカメ写真追加>
f0137483_14322029.jpg

そこは日本百景に選ばれた場所。あ~快晴の時に見たかったなぁ。

宮古島、市内から外れると蝶だらけ。それも貴重そうな蝶が道路をヒラヒラと横断する。場所によっては2秒に1匹見る。よけきれない。4匹は衝突した。「わー来るな来るなー!」って念じながら走ったんやけどね。
ごめんなさい。

f0137483_128631.jpg

売店のおじさんはヤシガニを飼っていた。ヤシガニはパイナップルに似たアダンの実を食べる。冬眠もする。味は海に生息してないので塩気はなく海老でも蟹でもない、何とも言えない味とのこと。ヤシガニ料理1000円~

===謎が解けた===
宮古島初日にその表示を見て朝日を見損ねた「人頭税石」の謎が解けた。
私のテントの中に入りたがって、入ってくつろいてだ女子高生の話によると、石の高さは150センチ。その昔、石の高さに身長が達すると大人と見なし税払わないといけなかった。何歳であってもその高さになると税を払う為に仕事を与えられた。男性は粟、女性は織物を納める。税を払う目安になった石だそうです。

今日は一日が長い。時間があったのでビーチ巡りと池間島と来間島へ。島へは長い橋がかかっている。来間では売店のおばさんに茹でたトウモロコシ、池間ではジュース販売の為にサトウキビを切断してたおじさんにサトウキビを一本頂いた。

f0137483_1343661.jpg

前浜ビーチにて

f0137483_13537100.jpg

保良泉ビーチにて  青い魚発見。

f0137483_137113.jpg

来間島(くりまじま)展望台からの景色


パイナガマビーチに戻り海辺でサトウキビをカジっていたら、注目を浴びた。何故だか宮古ソバをご馳走してもらう。貧乏に見えたのかな~…。
サトウキビの自然な甘さと簡単には食べれない所が好き。
次に行く予定の島、石垣島にあったらまた食べたい。

島巡り第2の島☆ 宮古島 は青い海と蝶がとっても印象に残りました。
[PR]

by zaq-eden | 2007-04-17 11:08  

4月15日(旅12日目)宮古島

f0137483_12303071.jpg

f0137483_1171484.jpg

天気:雨
じゃじゃ降りで外出不可能。濡れつつ食事作る。
メニューは具沢山味噌汁、余った野菜を一掃します。

午後3時頃雨が上がる。
テントたたみ、市内にある本日の宿泊場所のパイナガマビーチを目指して移動。
途中のビーチでシャワーを浴びる。完全に冷水だし虫もいる。キャー!勇気だ!勇気よわきあがれ!ギャー!
サッパリしたけど、寒い、太陽が恋しい。

f0137483_0565532.jpg

<デジカメ写真追加>
f0137483_14274987.jpg

午後六時からなんやら安部総理が演説とのことで、大観衆と共に演説を聞く。
宮古に親戚を持つ島尻あい子さんの選挙応援演説でした。
安部総理、たった二時間の宮古島滞在らしい。

コンビニおにぎりを食べて、テントに戻り早めの就寝。
もちろんここもキャンプ場ではない。道路脇の砂浜の木々に囲まれた所。コンビニ目の前で、バンバン車通るし、人通りもあるので、逆に安心かなと思った。一人旅は寝るときが嫌。緊張感ありありで寝ないといけない。
楽天的で図太い性格になくなればいいのに。つい最悪のパターンを想定してしまうんよね。
でもそのうち寝れるねんな(笑)不思議~。
疲れてたら旅を楽しめないし、寝てしまえば怖くない気合いを入れて「エイ!」って寝る感じ。
旅の好奇心の方が、危機感よりも遙か上回ってるから、できるんやろなぁ。
早く旅慣れしたいなぁ。。。
<後記参考写真>
f0137483_10571385.jpg

[PR]

by zaq-eden | 2007-04-17 11:07  

4月14日( 旅11日目 )宮古島

f0137483_1225565.jpg

4:25宮古島平良港に着船!
暗いうちに朝日を待ち伏せしようと思って、島の北の池間大橋へ向かう。

f0137483_10365492.jpg

・・・薄暗い中、港すぐの「人頭税石」という標識を見て色々想像したら気味悪くなってきて、途中まで耐えながら走ったけど暗い道を走れなくなった。最悪、私の弱虫! 少し空が青く明るくなるまで港で待機。
なんだったっけ「人頭税石」って怖いやつじゃなかったかも…。≪後記≫4/16日に女子高生に教えてもらう。
なんか老人か妊婦さんが重税の為に石と石をジャンプ落ちたら死んじゃうけど跳ばないといけない石がどっかの島にあるとネットで見た情報を思い出した…。
≪後記≫その思い出したのは4/22日に与那国島で発見。それは人頭税石ではなく『クブラバリ』って場所でした。
あーこんな弱気じゃ旅がつまらなくなる。怖がりを克服しないと!
<参考写真・後記情報>
f0137483_1035224.jpg

f0137483_10345161.jpg



f0137483_054329.jpg

<デジカメ写真追加>
f0137483_13454918.jpg

朝日とご対面~ 右に見えてる島は大神島。
「宮古の神々の大元が住むとされる東側の聖地は立ち入りできない神秘的な島」ってツーリングマップルに書いてます。

f0137483_06525.jpg

島の北の池間大橋を渡り、プライベートビーチの様なところで見つけたヤドカリの餌の取り合いシーン。

f0137483_075336.jpg

<デジカメ写真追加>
f0137483_1340458.jpg

あちこちに花。蝶は美味しそうにお食事。でも実はここはお墓の前だったりする。
ここのお墓は、ちょっと変ってる。大きくて、よくあるお墓とは違って、怖い感じが全くしない。日本にあるお墓って勝手に全部同じだと思ってた。 

<参考写真> 
f0137483_0161235.jpg



f0137483_085371.jpg

<デジカメ写真追加>
f0137483_1535443.jpg

この赤い実の写真撮ってたら、「それは食べれないよ!」って自転車乗ったおじさんに言われた(笑) 私そんな今にも食べそうな目で見てたのかな~。たしかに見たことない木の実だったから、かなりマジマジと見てたけど(笑)

f0137483_095043.jpg

郵便局でお金を降ろし、市場で買い物。
お昼作り 気温:27度
島ラッキョウを塩モミ、唐辛子を加えて30分おく

ベーコンとゴーヤを炒めて豆腐を加える、キムチも加えてみる。ご飯も炊いて出来上がり~!

島の東側にある灯台の売店のおじさんが、コーラとアメリカンドック、ハンバーガーを差し入れて下さった。
一人旅って、自由だし、とことん好きな様にできるけど、やっぱり一人だから自分の身は自分で守らないといけないし、緊張感も場面に応じて大小必ずずっとある。でも、こうやって人に親切にされるとホッとできて、リラックスできる。本当にありがたいです。

昨日の走行距離:141.9km
今日の走行距離:132km
今日の経費:野菜色々200円、キムチ158円、サンピン茶113円、ベーコン120円、豆腐150円、島ラッキョウ350円、ガソリン858円

宮古島にはキャンプ場はなく サニツ浜ふれあい広場(公園)でキャンプする。ゲートボールしてる皆さんから、許可?をいただいたので安心した。明日は天気が良ければ海水浴行きます。

===暴走族がやってきた===

キャンプ場がないので、サトウキビ畑に囲まれた昼間のどかだった公園でキャンプ場が夜になると一転。
街からはなれたこの場所は真っ暗闇で、サトウキビ畑なんかは完全に闇。月明かりのみ。
そんなこの公園の駐車場が、どうやら暴走族のたまり場だったようで、ブンブンブイブイ音をならせてグルグルと走り回ったりしている様子。近くで声もするし、テントに気づかれないかハラハラして、見つかった時のことを色々想像してしまう。多分4台~6台くらいバイクが集まっているよう。
とっても寝れないし、行ったり来たりうるさいし、音が近づいてくるたびに「見つかるぅ~・・・」と、生きた心地ゼロ。
暴走族が来てから1時間以上経過して、立ち去る様子のなさに、我慢できず、警察へ通報。
事情せつめいするもアレコレ聞かれ、結局、最後にはこちらは沖縄本島ですので、いまから言う連絡先番号にかけてくださいだって!「はぁ!?」なにそれ!こちらは充電の残り少ない携帯でピンチONピンチだというのに、さんざん説明させて、宮古島の警察ではないなんて早く言ってよー!
で、かけ直した先の宮古島の警察の人にも同じ様な説明して、「キャンプ場がなくて公園にキャンプしてるんですけど、公園の名前は分からなくて、○○の遊具があって・・・ ・・・暴走族がいて怖いんでなんとかしてもらえないでしょうか・・・すみません」的な説明をして、10分くらいで警察の車の赤いランプがテント越しに見えて、車のスピーカーから「そこのバイク、止まりなさい」って言う声と、バイクが逃げる音、一台のバイクが捕まったような様子が聞こえてきた。
そして、5分ほどで静まりかえり、警察が私のテントを探して、なんか言いに来るかと思ったりしたけど、結局なんもなく、ドキドキしてしばらく寝れなかったけど、疲れもあって寝れた。
[PR]

by zaq-eden | 2007-04-14 05:16  

4月13日(旅10日目) 沖縄那覇→宮古島行きフェリー

f0137483_12114387.jpg

天気:小雨のち曇 12:00チェックアウト ちゃんとしたベッドで寝ると疲れがとれ楽になりました。これからは、たまには宿に泊まりますm(_ _)m

f0137483_20224671.jpg

目についた美容院に入り、手入れが楽になるように長かった髪をアゴくらいまで髪を切りました。
その後、琉球ガラス村へ。ガラス美術館で一目ボレちょっぴり高価な飾り皿を2枚購入。
そして郵便局へ行き、この10日間で使わなかった荷物を全て実家に送り返す。
いらない荷物が減り、これで走行やパッキングが楽になると思う。

乗船手続き。これから宮古島へ向かいます。

経費:那覇新港~宮古島10038円、ツナマヨごはん295円、珈琲120円、皿***円、カップ麺200円
[PR]

by zaq-eden | 2007-04-13 20:22  

4月12日( 旅9日目) 奄美大島→沖縄那覇

f0137483_1272096.jpg

奄美大島から直接目的地の宮古島には行けない。
まず、今日奄美大島から5:00発那覇(沖縄)行きのフェリーなみのうえに乗り、那覇で船を乗り換える予定。

ところが、フェリー到着が遅れ那覇に18:40着予定だったのに、着いたのは20:10分。
この後、宮古島行きのフェリーに乗り換えるつもりでしたが、予定変更して沖縄に泊まることにしました。

夜遅いのでテントを張るのはやめて、地図で見つけた港から1kmくらいにあるライダーズハウスBASEOKINAWA (バイク乗りやチャリダー用の宿)に泊まる。

f0137483_1117925.jpg

一泊1000円シャワー、炊事場、洗濯、自転車レンタル全て無料。安い。単行本やDVDも見放題。
私は洗濯機を借りて寝袋を洗って屋上に干した(湿気てたので)。

居心地◎なので皆が連泊するのが分かる。

同室になった同じ歳くらいの女の子は出身は東京。
西表島に一年いて、今はここに居ついてもう半年が経つ。
この宿からバイクの免許をとりに行ってるらしい。
数日単位で島移動しようと思っている私には、その一年とか半年とかいう日数を滞在することをイメージできなくて「えー凄い!」と普通の一言しか返せなかったけど、内心はめちゃくちゃビックリしてたし、頭の中を「一年と半年と旅先から通学」を理解しようと精一杯フル回転していた。
人生時間もったいないと考えるか、贅沢と考えるか、流されてるのか、築いていってるのか。。。
その後、シャワーを浴びながら、ひたすら頭の中ぐるぐる。 
[PR]

by zaq-eden | 2007-04-12 04:41  

4月11日(旅8日目) 奄美大島

天気:小雨
朝、東京へお帰りの方をお見送り。そして私も本日の夜船に乗る為にテント撤収。
お昼、手作り珈琲と手作りスパゲティを美味くご馳走になる。
残られる方は数ヶ月の滞在なので、「もういくの?」「まだ奄美の良さを堪能してないのに~」などと言われつつ名残惜しくお別れしました。そして島を北上。

f0137483_17563235.jpg

途中メーターが12345.6kmになる。

このとき、先ほど名残惜しくお別れした方とすれ違い、道路脇でメーターの写真を撮っていた私に「バイク壊れたの?」と心配して車から降りて来て下さいました(苦笑) 説明したけど、ちょっと恥ずかしかった。

f0137483_10582095.jpg

大きな荷物とナンバープレートを見て興味声をかけて下さる方は多数。今日も大型スーパーの駐車場で地図を見ていたら、飲料水を頂く。その時教えて頂いた奄美郷土料理のケイハン(鶏飯)の店へ行ってみました。ケイハンと鶏の刺身注文☆

本日の走行距離:97.7km
本日の経費:ガソリン1119円、食費1350円+439円
[PR]

by zaq-eden | 2007-04-11 17:56  

4月10日( 旅7日目) 奄美大島

f0137483_1204373.jpg

天気:曇り
12時現在の気温:23度
今日は島の西側を通りツーリング&観光に行く予定。、、が道を誤り東側の道を走ってたのでそのまま走る。
<デジカメ写真追加>
f0137483_1419254.jpg

f0137483_14194473.jpg


方向音痴相変わらず。島の北側へ向け80km走って奄美の伝統工芸大島紬の工場を見学、手芸好きの母に紬の端布と釦を購入。次に今日の一番の目的の奄美パーク中にある田中一村記念美術館を目指し今はそこの駐車場で昨日作っておいた野菜炒めと白飯にゆかりをかけて食べてます。12時ジャストになると島内放送スピーカーから音楽が流れて知らせてくれる。ほのぼの。
<田中一村参考>
f0137483_14182021.png

f0137483_14184428.jpg


f0137483_10384426.jpg

田中一村を堪能し外へ出たら小雨、岬へ行っても景色良くないので戻る。それにしても、緑のいい香り。帰りスーパーに寄って夕食の買物。海老とキュウリと茄子とリンゴを買いました。海老チリとキュウリと茄子の浅漬け完成。

f0137483_10451824.jpg

キャンプ場先客様紹介 ①東京・波乗り目的・二歳の子供を連れたご夫妻 ②北海道・釣り目的・鹿のツノを使った工芸&ガイドされてる男性 ③高知・波乗り目的・日本酒製造業されている男性

キャンプ場に泊まられている以上の方達全員と夕食をご一緒しました。
モツ鍋と釣りたての魚の刺身、アラ汁、鰹のたたきをご馳走になる。私も海老チリと浅漬けを披露。和気あいあいと皆で食べる。
話してて他の人の旅の仕方や料理や備品、考え方について色々学び感心。私なんかまだまだ中途半端な旅してるな~って感じました。 とても勉強&とっても楽しい夜でした。

今日の走行距離:164.2km 今日の経費:食費791円、遊費1191円
[PR]

by zaq-eden | 2007-04-10 12:21  

4月9日(旅6日目) 鹿児島→奄美大島

f0137483_1613787.jpg

f0137483_7232336.jpg

☆南の島巡り、第1の島『奄美大島』に上陸~!
フェリーと記念撮影 (クイーンコーラル8) 8日18:00鹿児島発~5:00奄美大島着

まだ真っ暗の中キャンプ場へ向かいます。正直怖いよ~。
早朝5:00出発開始、気温10度により一時停止、薄手の服を重ね着して再出発。
雲海を眺めつつ時速40kmでトロトロ走り朝日を待ちわびながらの走行。
小さな発見、トンネルの中は暖かい。前はトンネルは気味悪くて早く抜け出したかったけど、今は天国。
後ろを走る車もないし出来る限りゆっくり走った。

そうこうしてるうちに少し暖かく&明るくなってきて、目的地近くまで行くが表示案内の「嘉徳」と「嘉鉄」を間違え道を逆走。山深くに入り込んでしまい分岐も多く半泣きした。
<デジカメ写真追加>
f0137483_14204297.jpg


迷って誰か助けてって思って、人を探しても誰もいない。方位磁石と地図見て自力で迷路からなんとか脱出した。
あ~怖かった!しっかりしなくっちゃって強く思った。

早くこの方向音痴を直さなくては心臓に悪い。


f0137483_10341440.jpg

<デジカメ写真追加>
f0137483_1412152.jpg

f0137483_14122121.jpg

f0137483_1413716.jpg

フェリー乗り場から約50km、島の一番南のキャンプ場に到着しました。
先客にご挨拶して、テント設置。衣類の洗濯を済まし休憩。一転して暑い!気温29度!!

f0137483_10351310.jpg

荷物を全て降ろし身軽になったバイクでお出かけ。朝は暗くて見えなかった青い海と、緑の香り、道路脇に咲く赤とピンクのハイビスカス、癒されながら楽しく走行。
写真は展望台から撮ったマングローブ原生林。広大。

本日の走行距離:142.8km
本日の(昨日発のフェリー代金含む)経費:15430円(フェリー12930円、宿0円、シャワー0円、切手購入1000円、ガソリン1000円、入場料500円)

●兵庫県尼崎~鹿児島新港までの総走行距離は803.4kmでした
[PR]

by zaq-eden | 2007-04-09 07:23