8月7日( 残り約14日)

f0137483_18225418.jpg
                     ↑利尻岳の登山道(5合目あたり)

f0137483_18225467.jpg
              ↑7号目。濃霧と小雨が降ってきたので下山・・・残念

f0137483_18225417.jpg
                           ↑礼文島

f0137483_18225424.jpg
          ↑礼文島の南部にある桃岩(横から見るともっと桃のような形でした)

f0137483_18225520.jpg
                    ↑桃岩の展望台から見える景色

f0137483_18225550.jpg
              ↑久種湖畔キャンプ場に泊まります(ホッケがもらえた)

f0137483_18225591.jpg
                         ↑お祭りの様子

f0137483_18225589.jpg
                 ↑海産物が安いとれたてのエビ500円

f0137483_18225593.jpg
                 ↑キャンプ場に戻って食事をご一緒した

天気:曇り
体調:良

24811.1
24751.5
◆本日の走行距離:59.6km
◆本日の出費:(食品)生エビ500円、ツミレ汁200円、焼きそば105円、キンピラ105円、ハンバーグ105円、生野菜105円、おにぎり180円、お菓子80円
(それ以外)フェリー2600円、キャンプ場600円、温泉390円

~~~~~~~~~~~~
7:30利尻山登山スタート、3合目のキャンプ場に泊まってるので目の前が登山口。人はいなかったけど、頂上までは一本道で利尻島にはクマもキツネも蛇もいないと聞いていたから何も心配せずに登る。出発して30分くらいの地点でリスがいた!ふわふわしたシッポの毛が日光でキラキラしてた。かっわい~☆動いたら逃げると思ったので動かないでいたけどすぐに気付かれて逃げられた。もっと見たかったのにな~。

4合目、5合目、と登山道の両側は木に覆われてて特にひらけた景色も見れなかったけど、忘れた頃にまたリスが現れてくれて登りも苦にならなかった。(下山までに五回もリスと遭遇した)

7号目に着いたところで濃霧と小雨が降ってきたので下山した。登山口に戻ってテントをたたんで、時計を見たらまだ礼文島行きのフェリーに間に合いそうだったので急いだ。管理棟の前を通った時に下山届けを出すのを思い出して、傾斜にバイクを停めた。管理人さんと話してる時にガンッて音がしてバイクが倒れた。三人がかりでバイク起こしたけど、エンジンかからなくて、やっとかかり、フェリー時間ギリギリ5分前に港に着く。半分諦めてたけど乗船させてもらえ礼文島へ渡った。

13:15利尻島発フェリー出港、13:55礼文島着。礼文島に着いて礼文島の南部にある桃岩に行く。桃の形に似てるから桃岩と呼ばれ地名になった。展望台からの景色を見て、そこで出会った人に今日は礼文島北部の久種湖近くでお祭りがあると聞き、久種湖畔キャンプ場に泊まることにする。

キャンプ場について、キャンプ使用料を払うと管理人さんからホッケの開きを頂く。去年から始まった宿泊者へのサービスらしい。テント設営し町営の温泉へ入りお祭りへ。海産物が安くとれたてのエビが1匹100円で買おうとしたら1匹味見させてくれて8匹500円で売ってくれた。甘くて美味しかった。大きいしあんまり美味しかったので頭を後でスープにしようと捨てずに取っておいた。

桃岩で出会った人ら三人とお祭りの歌席で会い、途中から一緒に食事した。三人は皆、旅で出会った仲間らしく利尻には毎年こられているようで利尻の話しや出会いの面白話を聞いた。

祭りも終りかけたのでキャンプ場に戻ると管理人さんに「カラスにホッケを食べられてましたから、ホッケまた置いておきましたよ」と言われた。もらったホッケが凍っていたのでテントの中には入れずに、テント前室のチャックの中に入れてたのにカラスが潜りこんで食べて袋だけが放置されてたらしい。管理人さんに「カラスの方が賢いですから」と言われた(苦笑)
でも600円のキャンプ使用料で商店で販売されているお土産用のホッケ(500円くらいかな)を宿泊者(子供も一つ)全員にプレゼントしてどう考えても儲けがないように思える。(私の場合は赤字よね…すみません…)

先ほどの三人とキャンプ場にいたもう一人の原付で旅してる方も加わり5人で二次会。エビのスープと野菜炒めとホッケを焼いて飲み食べした。
[PR]

by zaq-eden | 2007-08-08 18:22  

<< 8月8日( 残り約13日) 8月6日( 残り約15日) >>