8月1日( 残り約20日)

f0137483_19215522.jpg

f0137483_19215580.jpg

f0137483_19215525.jpg

f0137483_19215571.jpg

f0137483_19215634.jpg

f0137483_19215620.jpg

f0137483_19215611.jpg

天気:晴れ
体調:目と胃痛

9:00ツーリングに出発。展望の良い八幡平の峠を快走。前にオイル交換してから3000km以上走ってたので、GSでバイクショップを教えてもらい八幡平の「瀬川輪店」へ。オイル交換お願いして1715円だった。前回のオイル交換は4000円近くかかったのに…その差はなんなんかなぁ。

気になってた用事も済んだので、岩手山の周辺を走りに行く。ついでに小岩井乳業の工場見学に行ったら、そこの駐車場で女性に話しかけられる。千葉から東北4大祭りを見たい為に一人で車に乗って高速飛ばして来たらしい。女性の一人旅に出会ったのは三人目。他の二人は私と同じ位の年齢だった(一人は自転車、一人はバイク)けど、このお母さんは60代位(歳は聞かなかったので外見)でゆくゆくは日本一周を考えているらしい。20分くらい立ち話して、今日その祭り「さんさ踊り」が盛岡で18時からあることを教わる。

予定変更して祭りの時間までの暇つぶしに道の駅「にしね」へ。そこでほうれん草ソフトを食べて祭り用にお弁当買った。

盛岡に着いて17:30祭りの会場になる道路脇に場所取りした。そこで「お隣良いですか?」って品のある声で聞かれて、振り向くと杖を持った人が一人で来ていた。お互い一人だったのもあって意気投合して友達みたいに話した。71歳の盛岡に住む女性で佐々木さん。三年前に病気するまでは毎年見に来ていたらしくて踊りの解説してくれた。結局、祭りが終わるまで一時も途絶えることなくお喋り、祭もなかなか良かったけど、佐々木さんの人生のがインパクトあった(結婚、仕事、病気~兄妹や親戚のことまで話してくれた)。佐々木さんは色んな心に残る言葉をくれたけど、一番印象的だったのは「結婚は我慢よ!」(笑)

私がこの後予定でネブタ祭に行く話をしてたら、ネブタ祭で踊る人が付けている鈴が取れて落ちてるのを拾うと幸運になるという話しをしてくれた。さんさ踊りも終わりかけに、嘘みたいに鈴が私達の足元に転がってきて(道路にいくつか落ちてるのは見てたけど、誰かが蹴ったんだと思う)、その鈴を二人でお互いに譲り合った。鈴を譲るのをお互いが譲らなくて、最後には佐々木さんが「じゃあ私がこの鈴を貰ったことにして、私からこの鈴をアナタにプレゼントするわ、ね、思い出に持ってて!きっとイイコトあるわよ」と言って私にくれた。
[PR]

by zaq-eden | 2007-08-02 19:21  

<< 8月2日( 残り約19日) 7月31日( 残り約21日) >>