6月15日(旅73日目) 一時帰宅中 母の想い

バイクのメンテナンスの後、会社に保険証を返却に行った。その時会社のひとりの人に「いつまでフラフラしてるんや!金、もうないんちゃうん?早く仕事せなぁ、まだ遊ぶつもりかぁ?」って言われた。いつもならサラッと流したり、親でもないのに耳の痛いことを言ってくださる有難いことだと、ただ素直に受け止めれるようなこと。
でも、今回は仕事で顔を合わせてた方に、一年悩んで色々覚悟して出た旅に対して、頭ごなしに言われたのがショックだったのか、よくわからないけど、なぜか強く印象に残り、そのことが気になって会社から家に帰る間、その言葉が頭から離れなかった。

食事中に、「旅を早く切り上げて資格の為に勉強しようかなぁ・・・」と しょげながら言っていたら、母が「ロバ売りの親子」の話をしてくれた、周りの意見に翻弄され続け、終いには最初の目的であった「ロバを売る」ことができなくなったという話。そして、こう言った「二兎を追うものは一兎をも得ず!なんで人にちょっと言われたくらいで気持ちが揺らぐのよ!それなら初めから行きなさんな!資格は来年!旅をとことんしてきなさい!!これもあなたの夢でしょ?」・・・・と。

普通の親なら「そうそう、旅を早々に切り上げて帰ってきなさい」とかって言うと思う。

今日言われたこの母の言葉とロバの話、そして母の想い、そしてこの悔しかった気持ちを私は忘れたくない。
この今日のブログで人に何かをうったえ伝えたいわけでもない、ただ自分の為に、このことを記録しようと思う。忘れないために。
今は遊んでると思われようが覚悟の上、この為に色々準備もしたし、この先の計画もある。来年、数年後には、旅をしたから今があると胸を張って言える自分になろう、絶対なろうと思う。


■「ロバ売りの親子」
道すがら出会う人たちの忠告を聞き入れながら市場へ向かうロバ売りの親子の話。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
ある親子が、ロバを引いて、町へ売りに行きました。
通りかかった人が、「ばかな親子だ、ロバに乗っていけばいいのに」と言われ、
その親子は子どもをロバに乗せて歩いていきました。
しばらくすると、また、人が、「年寄りを歩かせて、元気な子どもが乗っているなんて、親不孝な子どもだ」と言われ、今度は親がロバに乗っていきました。
すると、また、通りがかった人が、「子どもを歩かせるなんて、かわいそうだ」と言われ、ロバに二人で乗る。すると「ちっぽけなロバに二人も乗って、重くてかわいそうだ」と言われました。
そこで、二人は、いやがるロバをしばって、かついでいきました。
そして町の入り口の橋の上に来た時、ロバがあばれて川の中に落としてしまいました。しばられたロバは、川の中に沈んでしまいました。
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]

by zaq-eden | 2007-06-15 23:07  

<< 6月20日(旅78日目) 一時... 6月15日(旅73日目) 一時... >>