6月10日(旅68日目) 一時帰宅 家族の反応

f0137483_13384527.jpg

朝、牛丼(昨日の夕飯はすき焼きをしたので、その残りをご飯にかけただけ)を作って食べた。

テントを片付けて、出発。
中国自動車道でいっきに兵庫県池田まで走った。雨が降ったり寒かったり、振動で腕や足が痛くなった。高速代5900円。旅をしてる人が、家に近づいてくると憂鬱になるって言ってたけど、私は逆で家の付近になるとすごく嬉しかった。家に今日帰ると連絡してなかったので、母が非常に驚き喜んでいた。会った時、「2、3日いるでしょ!?」って言われたのが印象に残ってる。

その日は用事があったので、83歳になるうちのお爺ちゃんに「今日の夜は一緒に食事できないけど、明日の夕食の時に話そうね~、色んな事あったよ、いっぱい話あるから~」って言うと、「そりゃそうじゃろ、色んな事もあるじゃろ、いつからじゃ!もう2ヶ月もおらなんだんじゃからの~!」(広島弁)ってカレンダーを見ながら言われた。
あとから聞いたら、私がいない間、いつも無口でムスっとしていたらしい。
おじいちゃん、ごめんね~!(涙)

次の日おじいちゃんに、旅で感動した自然や景色のこと、それ以上に感動した人から受けた親切のこと。人より暗闇より虫が恐かったこと。色々話した。一番良かった阿蘇の山並みの写真を見せたら、お爺ちゃんは山育ちで自然の中で育ってきたので「何がいいかイマイチわからんの~」って言われてちょっとショックだった。

おじいちゃんと一緒に住んでいる叔父さんに、「帰ったよ~」って挨拶しに行ったら、「お帰り~」と言ってくれたと思ったら、「あれくれへんか!?アレ、アレ!あの杉!」って家に送った屋久杉をねだられた(笑)「いいよ~好きなだけ切って使って~」って言ったけど、暇な時に仏像を彫るらしい、叔父さんらしくて面白かった。

ガレージで釣りの竿立てを作成中の父に、顔を見せに行った。「お~お帰り~、どうやった?」と相変わらずいつもと変わらない平然とした父。でも近所の人や父のお店のお客さんに話を聞くといつも私の話をしているらしく、会う人会う人に「聞いてるで~!」って言われるから、恥ずかしい。

帰ったら、手紙や書類の整理、税金の減免手続きの為に現在無職中だと証明するものが必要だということで職安に申請に行ったりした。22日に再度職安へ行かないといけないので、22日以降に出発することにした。資格の下調べをしたり、片付けをしたり、クローゼットに冬服ばっかりかけてあったので、夏服を引っ張り出したりした、2ヶ月ってあっという間で、自分の感覚では2週間くらいのことだから、そんなに月日が経ったんだなと思うことが大小あった。それより携帯代の請求が2万円近くきていたので驚いた。ブログの更新に使ってたからなー。ブログに写真をアップするのに一枚あたり50円とか高いもので200円とかかかっているらしい。でも、旅ブログの更新の為にPCを持参したりするのも荷物になるし、短期間のことだから必要経費と思って我慢することにした。ブログを利用して旅の日記を記録しておかないと、その感動は忘れるし、価値が半減する。ブログは続けよう。

北海道へ向けての出発はいつから、いつまでになるか、資格の試験日や天候、その他の都合により前後すると思うけど、ブログはしばらくスローペースで更新し、23日以降より毎日更新しようと思います。23日までの間に旅に関して思うことや出来事があったら、ぽつぽつ更新するつもりです。
[PR]

by zaq-eden | 2007-06-14 14:51  

<< 6月12日(旅70日目) 一時... 6月9日(旅67日目)山口→広島 >>